体が重い原因について

更新履歴

原因不明の身体のダルさに悩まされて

 

kanrinin

 

こんにちは、当サイト管理人のスガと言います。

 

埼玉にあるメーカーで働く独身サラリーマンをやってます。

 

さて、サイト名にもあるように、私はこれまで朝や日中の体の重さについてかなり長い間悩み続けてきました。

 

 

  • しっかり寝たはずなのに翌朝体が重い
  • 食後の昼下がりになると急激にダルくなる
  • 休日は一日寝て過ごしてしまう

 

 

こんな日々がしょっちゅう続いていた時期がありました。

 

このあたりの詳細はこちらのページ(初めに)で詳しく書いたのでご参照ください。

 

 

私はそれからというもの、自分の体と真摯に向き合うようになって今では体も随分軽くなりました。

 

が、ストレス社会とも言われている現代では、私と同じように何となく言葉にならない体の重さに悩んでいる人は沢山いると思います。

 

このサイトでは私の体験談を交えながらそうした体の重さ・ダルさを解決するにはどうすればいいか?について考えていきます。

 

読んでいる人にとって役立つものもあれば役立たないものもあるかとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。

 

 

体が重い・ダルいと感じるワケ

hiroukan

 

人間の体は何かしらの理由が無い限り、重くないフラットな状態が普通です。

 

したがって、常日頃から慢性的に体が重いと感じるということはそれ相応の理由があると考えるのが必然です。

 

ここでは実際によくある体が重く感じる原因について挙げてみます。

 

運動不足による筋力低下

undouhusoku

 

極度な運動不足によって日常生活を送るのに必要な筋力までもが落ちてしまい、それで体が重いと感じるパターンです。

 

運動大好きな人からすれば信じられないかもしれませんが、朝から晩まで体を動かさないような職種に就いている人だとこのパターンが実際にあります。

 

しかし、これは単純明快。腕立て・腹筋を数回に分けて合計100回程やってみるだけで分かります。

 

「やると疲れる」のではなく、「そもそも出来ない」のであれば筋力不足の線が濃厚です。

 

深刻にも見えるこの問題ですが、運動不足による筋力低下が体の重さの原因であれば、それは筋力をつけるだけで解決するので、ある意味最も簡単です。

 

毎日少しだけでも腕立て・腹筋をしたり、移動は出来るだけ徒歩にするように意識するだけでも改善が見られます。

 

貧血

hinketsu

 

女性に多いのがこの貧血です。

 

女性は男性と比べてダイエットを頑張りすぎてしまったり、生理などで元々貧血になりがちです。

 

それらが原因で自分でも気づかないうちに貧血の状態が常態化してしまい、毎日体が重くてダルい・・・というようになっている人は意外と多いそうです。(私が診断してもらった医者の先生曰く)

 

 

また、「自分は男なので貧血が原因じゃないだろうな」と思っても体が言うことを聞かないのであればその背景には貧血があるのかもしれません。

 

貧血を解消するには何といっても鉄分の多い食材を意識的に口にするのが一番なので、男女問わず食事を改善するだけでも効果があるかもしれません。

 

以下に貧血に効果的でかつスーパーでも入手が容易な食材を挙げるので、参考にしてみてください。

 

★貧血におススメの食材

 

レバー・かつお・あさり・納豆・ほうれん草・ひじき・ブロッコリー

 

※ちなみに、納豆は調理の手間もかからず、サッと食べられるので特におススメです。私も毎朝1パック食べるようにしています!

 

 

精神的ストレスの影響

stress

 

病は気から、という言葉があるように、人間の心と体は密接にリンクしています。

 

 

私は一時期営業をやっていたのですが、ある日、受注以前に次回の訪問アポも取れず、ロクな成果が得られない時がありました。

 

当然、帰社する時の気分は最悪。帰り道の桜は満開だったのに体はグッタリ足取りも重く「このまま家に帰りたーい」と心の中で念仏を唱えていました。

 

ところがオフィスに戻ると99%諦めていた案件が通っていたとの知らせを受け、今月の目標が達成してしまっていたのです。

 

その時の私の心情といったら! まさに青天の霹靂というか、心ここに非ずという感じで一気に体が軽くなりました。

 

・・・自分語りが長くなりすぎました。スイマセン(笑)

 

 

こういう例でなくとも、例えば朝起きて外が雨だと気持ちが憂鬱で何だか体までクッタリしてしまうことや、落ち込んでいる時に身内からもらった励ましのメール一本で前向きになれるなんてことはよくありますよね。

 

 

精神的ストレスはその背景にある問題を解決しないことには中々改善されないので、手をつけるのが難しい箇所です。

 

ですが、「あっ、今この瞬間自分はストレスを感じているな」と意識してそれを解消するように努めるだけでもだいぶ違うのでやってみてください。

 

 

 

 

 

※他にも自律神経の乱れや栄養過多、水分の過剰摂取など、考えられる原因は沢山ありますが、挙げだしたらキリがないのでそれは個別ページでご紹介します。

 

 

体の重さを取り除く!

 

よくある原因を挙げてみましたが、いかがだったでしょうか。

 

私は自分の体の重さに悩んでいた時、お医者さんに診断してもらったのですが、その時言われたことを今でも印象深く覚えています。

 

当時お医者さんに言われたことを書いておきます。

 

突き詰めると体と心が健康でさえあれば体が重く感じるような事態にはならないはずです。

 

運動不足にしても貧血にしても精神的ストレスにしても、それらは全て体と心のどちらかに悪影響を与えるている問題です。

 

したがって、しっかり運動して、しっかり食べて、しっかり寝て、穏やかな気持ちを持ち続ければ、体の不調もいつの間にか治ってしまうものですよ。

 

そのために健康な生活を心がけましょう

 

 

確かに、その通りです。ぐぅの根も出ないほどの正論です。

 

その時は「おぉ〜」と、腑に落ちたこの話ですが、「実際には食生活をなおしたり運動したりするのが難しいから困ってるんじゃん・・・」と、帰りの車の中で気付いたのは言うまでもありません。

 

私の場合は“仕事による精神的疲労”が原因であると医者にハッキリ診断されたのですが、だからといって仕事を辞めるわけにはいきません。

 

生きていくにはお金が必要である以上、仕事が大変だからといってそこから逃げるわけにはいきませんよね。(よっぽどのブラック企業でもない限り)

 

 

それでどうしたもんかと悩んだ私ですが、最終的に二つの案を実行しました。

 

サプリをやってみた

supplement

 

まずはサプリメントに頼ることにしました。

 

正直、サプリなんて大抵はプラセボ効果で大して効果はないんじゃないかと疑っていました。

 

でも、毎朝の体の重さや日中のダルさとこのまま永遠に付き合い続けることは流石に避けたかったので、効けば儲けものくらいの意識で飲み始めたわけです。

 

で、結果はとういうと・・・効くものと効かないものがあるという至極当然の結果に落ち着きました。

 

サプリメントは調べてみると種類が物凄く沢山あって、大手から名前を聞いたことの無い中小まで様々な企業が製品を出しています。

 

だからだと思うのですが、やっぱり効くもの効かないもの千差万別でした。

 

高価にも関わらず実は駄目だったり、安物だから期待してなかったのに実は凄い効き目だったものなど、本当に沢山ありました。

 

このあたりについては書きだしたら長くなるので、個別ページに書きました。

 

飲んで効果があったサプリ・無かったサプリ

 

 

転職した

tenshoku

 

もう身も蓋も無い話ですが、転職しました。

 

詳しくはこ>>ちらのページ(転職)<<で書いたので見てください。

 

 

体の重さから解放されるために 〜本当に大切なものとは〜

 

ここまで体の重さの原因・それを解消する方法・実際に私がやったこと、の三つを順に見ていきましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

体の辛い重さを解消する方法として、当サイトではここまで食事を見直す・運動をする・たっぷり睡眠を取る・サプリに頼る・いっそのこと転職してしまう・・・など様々なものを挙げました。

 

 

でも、本当に大切なのはこれら”方法”ではなく、それを実行する”行動力”だと私は思います。

 

世の中には辛い体に鞭打って、重い体に耐えて毎日を過ごしている人がいます。

 

過去の自分もそうだったから思うのですが、これは凄く勿体ないことだと思います。

 

なぜかというと体の重さ・ダルさはその背景に特定の原因がある以上、その原因を解消しない限り一生治らないからです。

 

そして、その原因は自分から働きかけないことには永遠と解消されません。

 

「重い体を耐え忍ぶくらいだったら、もっと早くから行動すればよかった・・・」と、辛さから解放された今となっては思います。

 

 

私の場合はサプリメントと転職という荒業で健康体になれましたが、それが出来ない人もいるかと思います。

 

そういう人はサプリだけでも良いので栄養面の見直しをして、日々のちょっとした運動でも何でもいいので、行動力をちょっとだけ出して出来ることからコツコツ始めてみませんか。

 

 

最初は面倒・お金がかかるとはいっても、それで日々の体の重さから解放されるのであればこれほど簡単・安上がりなものはないはずです。

 

 

体って24時間常に自分と一緒にいる代替が効かない大事な器です。

 

そう考えると実は本来物凄く大事にすべきですよね。

 

このサイトでは今後も役に立つ情報や私の実体験(ただの日記?)を書いていこうと思います。

 

ここまでありがとうございました。!

 

kanrinin

 

スガ