躁鬱と鬱について

躁鬱と鬱について

utsu-byou

 

躁うつ病とは一体何なのでしょうかか?

 

一般的には躁状態とうつ状態が繰り返し現れる症状のことで1度でも躁状態が現れれば、それはうつ病ではなく躁うつ病だと定義されています。

 

躁うつ病とは加齢と共に躁うつの周期が短くなる事が多く日本人の100人に1人ぐらいの割合でかかっているといわれています。

 

また躁うつを繰り返すだけでなく安定した時期が続く状態にもなりますが再発率が高いので、一生涯にわたっての予防療法が必要といえます。

 

ここで躁状態とうつ状態の特有の症状を説明します。

 

躁状態の時は以下のような症状が挙げられます。

 

  • ものすごくテンションが上がっている
  • 発想が常に楽しい事になる
  • ポジティブシンキングへ向かう
  • 止まる事なく喋る
  • 些細な事でイライラする
  • 怒りっぽくなる
  • 金銭面での浪費しがちになる
  • 落ち着きがない

 

 

これら躁状態のときは本人は自覚していない場合がほとんどで、例え気が付いたとしても気分がノッているため気にしないことが大半です。

 

うつ状態の時は前述したように、やる気が出ない、体が重い、好きなことも興味がなくなる、気分が落ち込む、だるい、焦りがでる、マイナス思考などが挙げられます。

 

躁うつ病とは名の通り、躁状態とうつ状態を繰り返す病気ですから躁状態の後は多くがうつ状態に入ります。

 

この際のうつ状態はうつ病の方よりも躁うつ病の方のうつの方が深いと言われています。

 

躁状態がきっかけになっている為でむしろ躁状態の行動、言動がうつ状態のスイッチになっていると言って良いでしょう。

 

前述したように再発率が高く完治が難しい病気な為に周囲のサポートは必要不可欠でしょう。

 

kanrinin
実は管理人が学生時代の頃、ゼミ仲間で躁うつ病を発症した知人が居ました。

 

彼とは定期的に今でも連絡を取り合っていますが、中々完治とはいかず、職場でも苦労していることが多いそうです。

 

躁うつ病は周囲の理解が何よりも大切なのできちんと理解して手を差し伸べてあげたいですね。