タウリンの効果

タウリンの効果

 

 

アミノ酸は疲労はもちろんのこと、ダイエットや美容などに良いという認識が広まっており、色々なサプリメントや飲料が売られています。体が重くてそれを解消するために飲んでいる人も多くいます。

 

リポビタンDのCMでお馴染みのタウリンも、実はこのアミノ酸の一種です。

 

アミノ酸という言葉はよく聞くので、なんとなく知っているような気になりますが、微妙に分かっているようで分からない人も多いかと思いますので、アミノ酸について少しだけ整理してみましょう。

 

人間の体の20%はたんぱく質からできていますが、このたんぱく質はアミノ酸から構成されています。

 

自然界には約500種類のアミノ酸が発見されていますが、人間の体を作っているのはたった20個のアミノ酸で、その組み合わせで様々なたんぱく質が構成されています。

 

人間の体はとても複雑ですが、成分的な成り立ちはとてもシンプルなのです。

 

さて、これらの人間を含む自然界にはとても大切なアミノ酸の中でも、構造中に硫黄含むものを含硫アミノ酸といいます。

 

含硫アミノ酸には水銀やカドミウムなどの有害金属とくっつきやすい性質があるため、体内の有害金属を排泄するデトックス作用があるといわれています。

 

タウリンもこの含硫アミノ酸の一種なので、最近流行しているデトックスにも大切な役割をしているのです。

 

タウリンを積極的に摂る → デトックス効果で体内の老廃物が洗い流される

 

タウリンはコレステロールを低下させる?

 

コレステロールを低下させるという働きも、タウリンの非常に重要な効果の一つでしょう。

 

中高年になると血圧やコレステロールが高いことが気になる人が、かなり増えます。

 

体内にあるコレステロールの約50%は胆汁酸というものに変換されて体外へと排出されますが、この胆汁酸の分泌を促進させる働きがあるのがタウリンなのです。

 

さらに、タウリンはコレステロールと並んで、気になる血圧を下げる効果があることも注目されています。

 

ラットによる研究では、食塩を多く含む餌をラットに与え、タウリンを投与したものと投与していないものを比較したところ、タウリンを投与したラットは4〜5倍も長生きしたそうです。

 

これはタウリンを取ることにより、腎臓中のタウリンも豊富になり、過剰なナトリウムを捕まえ尿中に排出することにより血圧を下げたと考えられています。

 

kanrinin

 

実際、タウリンをほとんど摂取しないチベットに脳卒中が多く、タウリンを多く摂取する広州には少ないそうです。生活習慣病が気になる人には、タウリンはとても大切な成分ですね。