花粉症について

花粉症について

sugikahun

 

毎年春先になってくると飛び始める花粉。

 

そんな花粉症の治療方法には対症療法と根治療法 の2種類あります。

 

対症療法:花粉症の各症状を抑えることが目的のもの
根治療法:花粉症そのものを治すことを目的とするもの

 

残念ながら、現在のところでは確実な効果のある根治療法はまだ開発されていません。

 

病院での治療の主体はかゆみを取る、鼻水を止めるなどの薬物療法になているのが現状です。

 

初期治療の重要性

 

花粉症は花粉が飛散する時期より前から早めに薬の服用を開始すると症状が出にくく、出ても軽い症状ですむことがわかっています。

 

毎年、スギ花粉症のシーズン前に、飛散開始時期の予測というのが出されるので、それを目安に2週間程前に病院に行き、自分の症状にあった適切な薬の医者から処方してもらい早めに使用をはじめるなどの対策をとると効果的です。

 

 

症状がすすんでくると、花粉症の炎症を抑えるのが難しくなるので、予防を忘れてしまった場合でも、できるだけ早めに受診して治療を開始したほうがよいです。

 

薬には抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬などが投与されるがこれは皮膚のかゆみなどの飲み薬にももちいられています。

 

鼻炎薬では効果が強すぎる場合などには、かゆみ止めの薬を試してみるのもひとつの方法です。

 

但し、効果の強いこれらの薬は市販されてはおらず、病院で処方してもらう必要があります。

 

花粉症の重症者にはステロイドの投与が行われます。

 

このうち鼻用のステロイドは、局所に作用し、のちに体内ですばやく分解され、副作用の心配も少ないため、症状の重い鼻炎がある場合に多く用いられます。

 

とくに鼻詰まりに効果的とされている。まれに鼻血が出やすくなるという副作用を感じる方も。

 

目の症状がひどい場合も目用のステロイドの眼薬が出されます。但しこれは副作用に注意して慎重に使う必要がある。検査設備の整った眼科専門医に処方してもったほうがいいでしょう。

 

減感作療法

 

花粉症の治療のひとつに減感作療法といものもある。広くは免疫療法とも呼ばれるもので、変調療法ともいわれるものである。

 

これは簡単にいうと、アレルゲンとなる花粉のアレルギー物質を、薄い濃度のものから序所に濃度の濃いものへと上げつつ、体内に注射していくことで、体をアレルゲンに慣れさせていき、アレルギーの症状をなくしていくという治療方法です。

 

 

kanrinin
花粉症は一度なると翌年以降も継続的に発症するようになりますが、実は日本国内では未だにスギは植林されているので、花粉症になる人は年々増えています。

 

風邪でもないのに鼻水が止まらなかったり、体が重くて倦怠感を感じるようであれば高確率で花粉症なので早めの対策をとりたいですね。